メニューを開く
    Sennheiser

    SL Interpreter コンパクトな通訳者コンソール

    SL Interpreter は、複数の言語の同時通訳のための、コンパクトでスタンド-アローンのオーディオ コントロール センターです。1 または 2人の通訳者が、フロアまたはリレー ソースをモニターし、マイクロフォン入力をアクティブにして、通訳シグナルを異なる出力にルーティングすることができます。フロアまたはシングル リレー言語が使用されるプレゼンテーション-スタイルのカンファレンスに最適です。

     
    特徴

    ● スタンド-アローン コンソール、外部機器は必要ありません。
    ● 2人の通訳者用に独立したボリュームとトーンのコントロール
    ● Cat 5 ケーブルを使用して、最大4台まで簡単にカスケード接続を可能にする、ディストリビューション アンプを内蔵。
    ● フロア言語はフィード-スルーします
    ● 複数のマイクロフォンとヘッドセットのオプション

     
    基本設計理念の詳細

    フロアと一つのリレー言語が使用されるプレゼンテーション-スタイルで行われるカンファレンスでの同時通訳用に設計されたオーディオ コントロール コンソールです。1台のオーディオ コントロール コンソールは、1または2人の通訳者が、フロアまたはリレー ソースをモニターし、マイクロフォン入力をアクティブにして、そして2つのオーディオ出力チャンネルの1つに、またはリレー バスに通訳をルートさせることができます。

    オーディオ コントロール コンソールは、リレー バスにCAT5 ケーブルを使用して、最大 4台のコンソールを接続するデイジー チェーン機能を有しており、外部のディストリビューション アンプは必要ありません。

    オーディオ コントロール コンソールのトップ パネルには、2人の通訳者用に、個々 のヘッドフォンの音量とトーン (低音および高音域) のコントロールを備えており、そして、マイクロフォンをアクティブにする 2つの独立した "Mic On" ボタンも有しています。オーディオ コントロール コンソールは、 (ヘッドフォンにてフロア チャンネルまたはリレー チャンネルをモニターする)リスニング モードを選択する 2つ個別の “フロア入力” と “リレー入力” ボタン、そしてチャネル 1 (既定値)からチャンネル 2へのマイクロフォン出力、2人の通訳者それぞれにリレーチャンネルを切替える1 つの“Channel 1/Channel 2” ボタンを備えています。さらに、アクティブなマイクをミュートする1 つの“Mute”(咳) ボタンが提供されています。オーディオ コントロール コンソールの背面パネルには、以下の入力、コントロール、出力およびスイッチが搭載されています。

    PAシステム、ミキシング コンソールやマイクロフォンからのバランスまたはアンバランス オーディオ シグナルを接続するための1個のXLR-3ソケット(Floor In)、XLR-3ソケットの入力レベルを設定するための1個のXLR フロア レベル コントロール、CAT5バスケーブルを介して複数のコンソールをデイジーチェーン接続し、コンソール間のフロアとリレー シグナルをルーティングするための、1個のRJ-45入力(Link In) と1個のRJ-45出力 (Link Out) 、送信機などへバランス型ライン-レベル シグナルをルーティングするための2個の XLR-3出力(XLR CH2とXLR CH1出力)、通訳のレコーディングや再生用に2個のRCA出力(RCA CH2及びRCA CH1出力)、“ON” に設定したときフロア チャンネルが任意の空チャンネルに自動的にルートされる2個のフィードスルー スイッチ(CH1とCH2 FLOOR FEED THRU)、そしてグランドループの問題を解消するための1個のグランドリフトスイッチ。

    XLR 3 CH2 出力と XLR 3 (Floor In) 入力は、チャンネル2が選択された出力である場合、フロア チャンネルとチャンネル 2 の両方がオーディオ バス上で利用できるので、RJ 45 出力 (Link Out) に内部で接続されています。

    オーディオ コントロール コンソールの両側のパネルには、次の入力、出力、コントロールとスイッチを備えています: ヘッドセットを接続するための1個の 3.5 mm TRRS マイクロフォン/ヘッドフォン ジャック ソケット、モノラルまたはステレオのヘッドフォン用に 1個の 3.5 mm ジャック ソケット、エレクトレット マイクロフォンを接続するため1個の 3.5 mm ジャック ソケットとバランス型 XLR 3 ソケット、3.5 mmマイク ジャック ソケットと3.5 mm TRRSマイクロフォン/ヘッドフォン ジャック ソケットの両方の入力レベルを設定するために1個のエレクトレット マイク ゲイン コントロール、XLR 3 ソケットの入力レベルを設定するための 1個のマイク レベルコントロルとXLR 入力に接続されているマイクロフォン用の 12 V ファンタム電源の有効化/無効化を切り替える1個のファンタム電源スライド スイッチ。

    オーディオ コントロール コンソールは、2 つの LED インジケーターを備えています: チャネル 2 が使用されているときトップパネル上の1個の黄色 LEDが点灯し、背面にはアクティブなオーディオ ソースのピークレベルを示す 1個の緑色の LED です。

    オーディオ コントロール コンソールの周波数特性は、45 Hz から20 kHz、+ 0/-3 dB re: フラットな低音/高音の 1 kHzで。1 kHz での歪は0.5 % 以下THD@フル パワー1 kHz でのS/N 比は82 dB 以上、1 kHz でのクロストーク減衰は63 dB 以上。トーン コントロールは、低域: @ 100 Hz で+12 dB ブーストまたは -12 dB カット;高域: @ 10 kHzで+12 dB ブーストまたは -12 dB カットオーディオ コントロール コンソールは、付属の外部パワー サプライ(100-240 V AC) により、18 V DC 電源で動作します。ハウジングのサイズは、25.4 x 16.2 x 6.2 cm で、重さは1.5 kg です。

     
    テクニカルデータ

    テクニカルデータ
    関連製品
    ダウンロード

    ダウンロード

     

    ご購入に関しての注意