メニューを開く
    Sennheiser

    Rycote > ウインドシールド > WS BBG20        JPR011001

    20 mm Baby Ball Gag Windshield
    非常に小さなパッケージでも、フルサイズのウインドシールドと同等の風防効果を提供する、ベイビーボールギャグは、マイクのボディに差し込んで使用するように設計されています。これは、マイクを手持ちまたは、ライアサスペンションのショックマウントで使用できます。
    短めのマイクに完璧で、ベイビーボールギャグは手持ちでの操作やインタビューのためにと同様にブームでのアプリケーションのために最適です。それらは最大直径が80mmまでのボーカルマイクのような形状のマイクやORTFマイクペアのために、幅広い用途で使われています。

    ウインドシールドはフルサイズのモジュラーウインドシールドと同じ材料から造られますが、マイクをサスペンションにクリップするというよりはむしろ、マイクボディを締め付けている台座によって、ボールギャグはマイクに直接取り付けます。マイクは台座に押し込まれ、完全にマイクカプセルを囲みます。

    ボールギャグは2つの半球から成り、それは、ウインドシールドの中からボールヘッドまたはテーパーの付いたマイクボディを取り付けるために、分離することができます。さらなる風防効果を得るためには、毛皮のWindjammerカバーも利用できます。

    径が20mmのボディのマイクロフォン用

    マイクやサスペンショングリップは別売です。
    サスペンションはINV-HG MK IIIをお勧め致します。

     
    サイズの選び方

    正しくベイビーボールギャグを使用するには、主にマイクボディの直径に依存します。

    ベイビーボールギャグのサイズは、マイク本体の直径に関係しており、すなわち、20mmのベイビーボールギャグは直径20mmシャンクのマイクを取り付けます。

    マイクロフォンはネオプレングロメットを通してボールギャグにフィットし、最高の風防を得るために中心に設置しなければなりません。ヘッドの最大直径が80mmである点に注意してください。

    ご購入に関しての注意