メニューを開く
    Sennheiser

    ●特長・機能
    MKE 400は機動力に優れる超軽量なデジタル一眼カメラ向けミニショットガンマイクロフォンです。軽さと頑丈さの両立を追及しメタルの筐体はわずか60g(※電池無し)。非常にコンパクトながら洗練された干渉管と高品質なマイクカプセルの組み合わせは、サウンドクオリティを損なうことなく鋭い指向性を実現しています。さらに一眼レフカメラのレンズ駆動音やハンドリングノイズがマイクに伝わらないように、カメラとの接続部には高性能ラバークッションを採用。単4電池1本で約300時間の長時間駆動というところも大きな魅力の1つです。

    ・丈夫なメタル構造
    ・スイッチにより2つの感度が選択できます。
    ・ショックマウントが付いているので振動ノイズも軽減します。

    ●スペック
    指向性:スーパーカーディオイド
    周波数特性:40 - 20 KHz
    開回路感度(自由音場、無負荷、1KHz):20mV/Pa(ハイ)
          8mV/Pa(ロー)
    公称インピーダンス:1000 ohms
    最大音圧:126 dB(ロー)/118 dB(ハイ)
    電源:単4型アルカリ電池
    動作時間:約300時間
    ケーブル長さ;カールコード200mm
    コネクタ:3.5mm ステレオジャックプラグ
    寸法:130 X 21 X 62 mm
    重量 :60 g

    モノラル


    ●FAQ
    Q. ファンタム電源やプラグオンパワーでも動作しますか。

    A. MKE 400はファンタム電源やプラグオンパワーのような外部電源では動作させることができません。単4電池での駆動のみとなります。


    Q. 製品についているスイッチは何の役割があるのですか。

    A. MKE 400は片面に2種類のスイッチがついています。
    インジケーターをはさんで右側は「電源スイッチ+ローカットスイッチ」で、設定は右から「オフ」、「オン+ローカット」、「オン」となります。ローカット機能は屋外での使用の際に風によるノイズが気になるときに使用してください。それでも風のノイズが音声に入ってしまう場合は別売アクセサリーMZW 400のご使用をおすすめいたします。
    スイッチをはさんで左側は「vol(感度切り替え)スイッチ」といって、右から「+ (高感度)」、「- (通常感度)」となります。

    Q. vol(感度切り替え)スイッチの設定はどちらが推奨ですか?

    A. MKE 400はデジタル一眼レフに搭載されているアンプで音を大きくする使用方法を前提に「-」を通常感度としていますが、機能の実際としてはあえてマイクからの出力を小さくしている形になります。
    また、デジタル一眼レフの中にはノイズの大きい、またはリニアリティ(正確に音を大きくする力)の優れないアンプを搭載したモデルもございます。
    ですので、マイクを「+(高感度)」に設定して頂き、一眼レフのボリュームを低く調整していく使用方法をお奨めしています。
    録音対象の音量が大きい、または音源がマイクに近い際に、下記の状況が起こる場合は「-(通常感度)」に設定してください。
    ・一眼レフのボリュームを下げきってもメーターが振り切れてしまう場合(一眼レフの許容入力レベルを超えている)
    ・一眼レフのメーターは振り切れていないが、音がひずんで聞こえる場合(マイクの時点でひずんでいる)



    Q. 電源を入れたときにインジケーターが赤く点灯したあと、すぐに消えてしまうのですが、正常ですか。

    A. 赤いインジケーターがすぐ消えてしまうのは仕様で、正常動作です。これは使用時間を延ばすための仕様です。
    バッテリーの残量が少なくなると(一般的なアルカリ電池で約50時間未満)、インジケーターが常に赤く点灯するようになります。電池の交換を検討してください。

     
    別売りアクセサリー

    MZW 400 ウインドシールド(XLR アダプター付)

    ご購入に関しての注意