メニューを開く
    Sennheiser

    AVX-MKE2は小型受信機EKP AVXとボディパック送信機SK AVX、そして放送や舞台芸術、ライブ音響などの分野でスタンダードとなっているラベリアマイクMKE 2がパッケージとなったAVXシリーズのセットです。

    AVXシリーズについて

     
    スペック

    •周波数帯域 1893-1906 MHz
    •音声出力 XLR, ミニジャック変換プラグ付き
    •動作環境 -10 °C - + 55°C
    •信号雑音比 > 90 dB(A)
    •RF出力パワー 10mW
    •動作時間> 4h (受信機), 15 h (送信機リチウム電池使用時)
    •変調方式 GFSK
    •音声出力レベル -30 dBu ~0 dBu 10dBuステップ(4段階)
    •電源 リチウムイオン 3,7 V DC
    •ダイナミックレンジ > 120 dB(A)
    •サンプリングレート 24 bit / 48 kHz
    •ディレイタイム 19 m/s

     
    運用上の注意

    ・AVXは1.9GHz帯を使用しています。この帯域での干渉源はDECT方式のワイヤレス製品、室内コードレス電話、PHSがあります。また800MHz帯といった低い周波数と比較して、電波の直進性が高いため、遮蔽物の影響を受けやすいです。人体をはじめとした様々な遮蔽が想定される実用では送受信機間を30m以内に保ち、特に屋外ではアンテナの見通しと遮蔽を意識して運用してください。

     
    FAQ~よくあるご質問~

    <システムについて>
    Q 受信機は最大何波受信することができますか?
    A AVXシステムは1台の送信機に対して1台の受信機が必要です。

    Q 同時使用は最大何波ですか?
    A 電波環境の極めて良好な場所で4波、実運用上は3波までの使用を推奨しています。

    Q 電波の到達距離はどのくらいですか?
    A 電波環境が良好かつ、送受信機アンテナの見通しが確保された状態で約30m飛びます。ただ留意点として電波の周波数高くなればなるほど直進性が高くなるので、B帯ワイヤレスほど回折性(障害物を回り込む力)に優れません。特に反射の望めない屋外でボディパックを使用する場合は極力アンテナの見通しを確保してください。

    Q ME 2とMKE 2の違いは何ですか?
    A ME 2はエントリーモデルながらアナログG3シリーズを筆頭に制作プロダクションにて実績があるマイクになります。そしてMKE 2は放送や舞台芸術の分野で今この瞬間も使用されているゼンハイザーのハイエンドピンマイクです。
    より高いレベルの音声品質を求める場合には、自信をもってMKE 2をお薦めいたします。

    Q ハンドマイクをワイヤレスで飛ばせますか?
    A XLRバランス出力のダイナミックマイクであれば別売アクセサリー「CL 2」を使用してボディパック送信機に接続して使用することができます。
    すべてのメーカーのダイナミックマイクとの互換性は保証しかねますが、「e 835」や「MD 42」などゼンハイザーのハンドマイクであれば問題なく動作いたします。

    Q ミキサーアウトなどラインレベルの音声を送信機に入力して飛ばせますか?
    A 送信機はマイクレベルを想定してオートコンプレッションが常に作動しています。ラインレベル信号は過大入力として圧縮されSN比悪化の原因となりますので、その場合はミキサーなどの出力をマイクレベルまで落としてください。


    <バッテリーについて>
    Q リチウムバッテリーの駆動時間は何時間ですか?
    A 送信機はボディパック型・ハンドヘルド型ともに約15時間、小型受信機は約4時間です。

    Q バッテリーの充電にはどのくらい時間がかかりますか?
    A バッテリーの満充電に必要な時間は付属のACアダプタ、USBケーブルを使用して、送信機用バッテリーBA 10・BA 30は約4時間30分、受信機用バッテリーBA 20は約1時間15分です。

    Q USBチャージャーで充電しながら使用することはできますか?
    A 小型受信機は可能です。送信機はUSBに接続すると電源がオフになります。

    <その他>
    Q 海外へ持ち出すことができますか?また海外から持ち込むことはできますか?
    A 日本で発売されているAVXは日本の規制に準じて製造・販売されています。
    持ち出しに関しては、国や地域によってDECT機器に割り当てられている周波数帯域をはじめとした規制が異なるため、国外での日本版AVXの使用可否は保証できません。
    また現行の日本の1.9GHz帯に関する規制の中では、海外モデルのAVXは使用できません。

    ご購入に関しての注意