メニューを開く
    Sennheiser

    MKH 8060は干渉管による鋭い指向性を特長としたショート・ショットガン・マイクロフォンです。

    8000シリーズ・テクノロジーと干渉管技術の融合
    MKH 416 を始めとしてゼンハイザーのショットガンマイクロホンは、そのMKHテクノロジーや干渉管設計技術をもって、長い間放送・映画業界のスタンダードとして活躍しています。
    この2000年代新たな8000シリーズの技術をショットガン・マイクロフォンにも応用し、MKH 8060そしてMKH 8070という二つのショットガン・マイクロフォンを開発が開発されました。

    美しい軸外特性
    8000シリーズの特長とする美しい軸外特性により音源に当たるマイクポジションだけでなく、軸を外れたポジションでも非常にナチュラルなサウンドを収録できます。自然音やアンサンブルなど「調和」が要求される録音に最適です。

    MKHテクノロジー
    MKH 416のもつRFテクノロジーも継承し、低いカプセル出力インピーダンスによる天候への圧倒的な耐性と低い自己雑音を誇ります。屋内外問わず安定的なサウンドクオリティを実現し、映画・放送をはじめとした音声品質の維持に貢献します。

    小型化と軽量化
    MKH 8060はMKH 416と同様ショート・ガンマイクでありながら、112g・全長178mmと小型軽量化にも成功しています。これによりオンカメラマイクとしては重量を減らすのみならず、映り込みリスクを下げることに貢献します。またフロントにおけるサウンドキャラクターもMKH 416を踏襲しており、狭いセットの中でも柔軟なブーミングが要求される録音エンジニアにも重宝されるでしょう。

     
    特長

    ◆ スーパーカーディオイド/ローバー指向特性
    ◆ ナチュラルサウンド
    ◆ サウンドが均一に入ってきている間、軸から外れたサウンドは色付けすることなく減衰します
    ◆ アナログ、またはデジタルモジュールを取り付けてデジタルマイクロホンとしても使用できます
    ◆ 固有自己ノイズが極端に低いので、デリケートなサウンド構成をマスキングしません
    ◆ 対称型ドランスデューサー設計により、低歪率を実現
    ◆ トランスフォーマーレスとフルフローティングバランス型出力:スプリアスシグナルのカップリングが無く、歪みも最小限
    ◆ 高出力シグナル電圧は、相互干渉の無いシグナルパスを達成
    ◆ 無反射のネクステル塗装の丈夫な金属ハウジング
    ◆ 高周波回路の成果により、全天候に対応
    ◆ コンパクト設計により、カメラマウントにも最適

     
    仕様:

    指向特性: スーパーカーディオイド/ローバー
    周波数特性: 50 Hz ~ 25 kHz
    感度: −24 dBV/Pa (63 mV/Pa)
    最大音圧レベル: 129 dB SPL
    等価ノイズレベル: 11 dB(A) (DIN-IEC 651)
    23 dB (CCIR 268-3)
    ノミナルインピーダンス: 25 Ω
    最少負荷インピーダンス: 2 k Ω
    ファントムパワリング: 48 V ± 4 V (P48, IEC 61938)
    消費電流: 3.3 mA
    直径: 19 mm
    長さ: 145 mm(ヘッド部のみ)
    178 mm  MZX 8000 XLR-モジュール付で
    重量: 80 g(ヘッド部のみ)
    112 g  MZX 8000 XLR-モジュール付で
    動作温度範囲: −10 °C ~ +60 °C

    MKH 8060 のアクセサリー:

    MZW 20-1: MKH 8060 単体または MZF 8000 フィルターモジュール取付のMKH 8060用かご型ウインドシ-ルド
    MZW 60-1: MZD 8000 デジタルモジュール取付のMKH 8060用かご型ウインドシ-ルド

     
    指向特性

    MKH 8060

     
    周波数特性

    MKH 8060

     

    関連商品

     
     
     

    ご購入に関しての注意