メニューを開く
    Sennheiser

    プレスリリース

     
    2019/09/12

    TeamConnect Ceiling 2 マイクがMicrosoft Teamsの認定を受けました


    ゼンハイザージャパン株式会社(代表取締役:宮脇 精一)は、Sennheiser TeamConnect Ceiling 2天井設置マイクロフォンがMicrosoft Teamsの認定を受けましたことをご案内申し上げます。

    ■概要
    Sennheiser TeamConnect Ceiling 2マイクロフォンは、Microsoft認定のDSPを併用する環境下にてMicrosoft Teams Room用のデバイスに認定されました。Sennheiser TeamConnect Ceiling 2マイクロフォンは、簡単な設置と、特許取得済みのダイナミックビームフォーミング機能を持つ会議室・プレゼンルーム向けの天井設置マイクロフォンです。


    Sennheiser TeamConnect Ceiling 2マイクは、Office 365チームコラボレーションのための統合コミュニケーションプラットフォームであるMicrosoft Teamsの認定を受けました。

    TeamConnect Ceiling 2では、Sennheiserが特許を取得した”ダイナミックビームフォーミング機能”により位置に捉われず自由に発言できます。このテクノロジーは、アクティブな話者を自動追尾するため、部屋のどこに移動しても声に追従します。

    「TeamConnect Ceiling 2とMicrosoft TeamsならWebやビデオ会議が簡単に始められます。リモート参加者に最適な音声品質を確保しながら、よりシンプルで生産性の高い会議を実現できます。TeamConnect Ceiling 2を使用して、Microsoft Teamsユーザーにシームレスなエクスペリエンスをお届けします。シンプルかつ、パフォーマンスと信頼性をさらに追求できることを非常に嬉しく思います。」 - Sennheiser Business Com-munication ポートフォリオマネージャー Jens Werner

    「この認定は、このソリューションが認定プログラムで規定された最高の仕様を満たし、Microsoft Teams製品と併用した場合に最高のエクスペリエンス、互換性、信頼性を提供することを示します。」 - Microsoft Teams Devicesの製品責任者Ilya Bukshteyn氏(パートナーディレクター)

    複数の天井設置マイクロフォンを組み合わせて、中規模および大規模の会議室に対応できる機能を備えたSennheiserのビームフォーミングテクノロジーは、アクティブな話者の声に自動的に追従し、座っている、立っている、部屋の周りを移動しているなど、どのような動作のときでも自然に話すことができます。TeamConnect Ceiling 2を使用することで、会議室のテーブルにはケーブルやマイクの設置が不要となり、椅子やテーブルを自由に配置でき、会議の参加者は自由に部屋全体を移動できます。

    さらにTeamConnect Ceiling 2は、既存のアナログオーディオ機器と組み合わせて使用できるほか、IPネットワークを経由することで制御および監視できる完全なデジタルシステムに統合できるため、非常に優れた柔軟性を提供します。この天井設置マイクロフォンは、PoE、Sennheiser Control Cockpit、Dante ドメインマネージャー、およびCrestron コントロールプラットフォームなどのサードパーティ製コントロールソリューションをサポートしています。




     

    ご購入に関しての注意

    ゼンハイザーゲーミング

    よくわかる一眼ムービー音声 

    ノイマン総合ページ