メニューを開く
    Sennheiser

    Rycote > Rycote > Rycoteについて

    Rycote (ライコート、Rycote Microphone Windshields Ltd.)は音響・映像のプロフェッショナルのための風防・ショックマウントの設計・製造を行っているイギリスのメーカーです。

    ロケーション収録時の風による低周波雑音に悩まされ続けていたレコーディングエンジニア John Gozzard (ジョン・ゴザード)によって1969年に設立されました。最初の "専門家による専門家のためのウインドシールド" の製作から始まった風ノイズ・振動ノイズに対する真摯な取り組みは、今や半世紀近くプロフェッショナルの業務をサポートし続けています。

    ゼンハイザージャパン株式会社はRycoteの正規輸入代理店です。

     
    Rycote

    今日、Rycoteの名前はマイクロフォンウインドシールドと同義として世界中で知られており、会社の製品はウインドシールドとマイクロフォンサスペンションシステムを含み、ハリウッドからのエベレストの頂上に至るあらゆる現場でニュース、テレビ、フィルムやレコーディング業界において毎日使われています。この世界的な成功にもかかわらず、Rycoteは十数名の社員による専門チームからなるファミリー会社のままです。その製品は21世紀の英国では非常に珍しくなってしまいましたが、英国のグロスタシャー州の静かな町にあるヘッドクオーターにて、未だなお設計され、製造され、ひたすら手作業でアセンブリーされています。

     
    専門家のために専門家によって

    映画やテレビの録音技師であったRycoteの創設者John Gozzard氏は、その録音現場での絶えず付きまとう風の音によって苦しめられており、マイクに付属しているウインドシールドや他のメーカーから入手可能なウインドシールドについて強い不満を抱いておりました。彼自身で使用するために、よりよく設計・組み立てたその新しいウインドシールドが他のエンジニアにも役に立つことが判り、そこからRycote社が生まれました。
    数十年にわたって、Rycoteは常に新生の製造法、テクノロジーと材料を利用した高い基準のために、正確なデザインを生み出してきました。会社の黎明期、その当時新しい軽量プラスチック、空気シリンダーや英国内の鉄は、最初のRycote製品の生産と組立ての鍵となる役割を演じました;近年、オープンセルアコースティックフォーム、慎重にデザインされた合成毛皮と実質的に壊れない柔軟な熱可塑性物質の出現は、新しいデザインの開発とサクセスストーリーを駆り立てました。

     
    1990年代初頭

    ジョン ゴザード氏が引退してからの15年は、 Vivienne Dyer 女史指導の下、Rycoteは拡大して、全盛を迎えました。同社は放送、ビデオプロダクションのためのオーディオ、スタジオレコーディングを含む様々なアプリケーションのために、マイクロフォンウインドシールドとサスペンションシステムを開発し、常に独自性を維持したまま、マイクロフォンメーカーの仕事を補いました。

     
    Technical Achievment Award

    2000年その業績は、Academy of Motion Picture Arts & Sciences から、Technical Achievement Award (テクニカルオスカー)を受賞しました。しかしながら、革新は続きます;2010年、Rycoteはユニバーサルスタジオマウントを発表しました。そして、高品質なスタジオマイクロフォン用のためのまったく新しい種類のサスペンションが完成したのです。

     
    関連動画




    An introduction to Rycote | ライコートについて (英語)